配給宣伝パブリスト

職業詳細

宣伝配給パブリスト

映画がヒットするために、宣伝、広告を担当する者のことです。
どれだけお金をかけずに,その映画を宣伝・告知し、世間に知らしめるか、などをを考えて行動します。


広告会社や出版社に売り込み、映画の告知や宣伝を載せてもらうように交渉します。
雑誌などのタレントや俳優のインタビュー記事に、映画の告知が載っていることが多く、その交渉や宣伝の仕方を考える仕事です。


特に必要な資格や検定はありませんが、映画について一通り知っておくと有利になることもあります。
また、やはり大学をでて新卒で就職すると優遇されステップアップも早く望めますが、派遣社員やアルバイトからこの業界に入る方も少なくないです。

映画に業界で全く経験がなくても、受け入れてくれるところがこの仕事の魅力ともいえます。

ただし、入ってからすぐは、雑務を任されることが多いので、体力勝負なところはあります。

宣伝に関わる仕事なので、人間性が問われます。柔軟に対応できることが求められます。

自分が広告・宣伝した映画が大ヒットして、喜びの声も聞くことができるところがこの仕事のやりがいと言えます。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:映画宣伝パブリスト

少しずつ映画宣伝パブリストとしての仕事も多くなってきます。とはいってもまだ大きな仕事を一人で任されることはあまりないので、とにかく実績を積みましょう。

年収イメージ : 年収イメージ300万円~400万円

6~10年目:映画宣伝パブリスト(チーフ)

徐々に大きな映画の宣伝・告知も任されるようになってきます。自分一人に任されることも増えてくるので、発想力やフットワークの軽さが求められてきます。

年収イメージ : 年収イメージ400万~500万円

11年目以降:映画宣伝パブリスト(ベテランまたはフリーランス)

実績をどんどん積んでいけば、高収入になってきます。また、独立してフリーランスとして働く方もいます。

年収イメージ : 年収イメージ500万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加