映画監督

職業詳細

映画監督

映画を作成する際に統括をする総責任者のことです。
予算や資金関係のことは制作プロデューサーが責任をもって担当しますが、それ以外の題材から始まり俳優の選択、セリフ、ストーリー、映像など、仕上げまでを担当します。


いきなり映画監督として活躍できる方はいません。まずは映画の専門学校などを出て、アシスタントとして働く方が多いです。
ほかには、そのままプロダクションに入り働くか、コンテストなどで賞をとって実際にメガホンをとる方もいます。


現場のスタッフをまとめ上げ、一緒に一つの作品を作り出すためには、映画監督として統率力やリーダーシップが必要となります。
また、撮影機関が長丁場になったり、一つのシーンを何度も撮影しなおすこともあるので、体力面も管理ができる方、体力に自信がある方ではないと務まりません。


映画監督を目指している方は大勢います。大切なのは映画監督になりたい、という強い意志と実現力です。

自分の手掛けた映画が世に出て、人々に愛されるところを見ることができるのがやりがいの一つです。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:映画監督(アシスタント)

長編映画を手掛けられるようにもなります。その際は、体力も統率力も一段と大切になってきます。また、のちのちのスキルアップのために、ドラマやCMなどの脚本を手掛けることも大切です。とにかく実績を積むことが必要です。

年収イメージ : 年収イメージ200万~300万円

6~10年目:映画監督

講師として壇上に上がることもあるかもしれません。撮影にとにかく触れ続けて、感性を磨くことが大切です。

年収イメージ : 年収イメージ300万~500万円

11年目以降:映画監督(ベテラン)

ヒット作を出せれば、一気に名は売れ、高収入ものぞめます。また、CM製作会社やプロダクションに入って安定した収入を得ることもできます。

年収イメージ : 年収イメージ500万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加