コマーシャルフォトグラファ

職業詳細

コマーシャルフォトグラファー

メディアに出す広告の写真を撮影するカメラマンのことです。
主に雑誌や広告などの発表媒体に出すような商品や人物を撮影します。
 

特別必要な資格や検定はありませんが、専門学校、カメラマン養成スクールなどで専門的に撮影技術や知識を増やし、学ぶことが望まれます。

まずはカメラマンのアシスタントとして働くことが一般的です。

その後写真スタジオなどに勤務し、撮影技術を学ぶか、広告代理店などで広告について学ぶ必要があります。
フリーランスとして独立すれば、大きな仕事に取り掛かって、高収入を得られることもあります。現在では年収1億という方もいらっしゃいます。


プロフェッショナルな撮影センスとテクニックが求められます。
いかに商品や人を魅力的に撮影し、消費者に興味や購買意欲を持たせるかが重要になってきます。


クライアントからの要望をきちんと聞き、それに合った写真を撮影することが大切なので、高いコミュニケーション能力、ヒアリング能力が求められます。

自分が撮影した写真が、雑誌や広告などの発表媒体に掲載されるところが見られるところがやりがいと言えます。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:コマーシャルフォトグラファー(写真スタジオ勤務または広告代理店勤務)

カメラマンとして実際に働きます。まずは写真スタジオなどに勤務し、スキルを磨いていきましょう。広告のことも勉強する必要があります。

年収イメージ : 年収イメージ300万~400万円

6~10年目コマーシャルフォトグラファー(フリーランス)

フリーランスとして働き始めます。クライアントとの話し合いなども増えるので、きちんと対応することが大事です。

年収イメージ : 年収イメージ400万~700万円

11年目以降:コマーシャルフォトグラファー(人気コマーシャルフォトグラファー)

有名な企業や大きな広告とかかわり仕事をしていくと、名が売れて報酬も高くなるので、高収入ものぞめます。また、アシスタントの養成も必要となってきます。

年収イメージ : 年収イメージ800万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加