アパレルデザイナー

職業詳細

アパレルデザイナー

アパレル業界において、製品の企画立案や、製品化にいたるまでを担当する者。
華やかな世界に見えますが、実際は地道な作業の連続であるため、根気が必要とされます。


実際の商品のパターンや線引き、デザインを担当するため、ファッションについて知識は必須。
専門学校などで、ファッションについて深く勉強する必要があります。その際服作りや色彩についてのスキルもつけましょう。


しかし、単にファッションについて詳しくあればできる職業ではないです。マーケティングについての知識や、コスト、企画を進めるためのプレゼンテーション能力も重要となります。

自分が実際に企画し、製品化された商品が見ることができるし、それがトレンドになることもあるので、そこがこの仕事のやりがいともいえます。


なお、アパレルデザイナーになるには、アパレル業界で経験を積むことが必須。
まずはアパレル会社で働き、販売員などを通して、そのブランドをよく知り、デザイナーとなるケースが多いです。

のちのちに独立すれば、自らが築いたオリジナルブランドを展開できるようにもなります。

美的センスに自信がある方はこの職業に向いています。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:アパレルデザイナー(アパレルメーカー勤務)

自分が希望する分野、ブランドのアパレルメーカーに入社します。正社員としては入れた場合がこの年収ですが、昨今では契約社員としてまずは入社する場合も多いです。

年収イメージ : 年収イメージ300万円~400万円

6~10年目:アパレルデザイナー

ここでデザイナーとして働き始めます。デザイナーといっても、一様ではなく、ここからフリーランスとして働くか、企業勤めをするかで年収も大きく分かれます。

年収イメージ : 年収イメージ350万円~500万円

11年目以降:アパレルデザイナー(フリーランス)

フリーランスとして働く場合については、企業勤めをする場合に比べて年収がかなり高額になります。順調にいけば、有名デザイナーとして独自のブランドも展開できます。

年収イメージ : 年収イメージ1000万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加