クリエイティブディレクター

職業詳細

クリエイティブディレクター

広告の分野における最高責任者のことです。
広告制作の際に、チームをまとめ上げて監督をします。
クライアント要望にこたえつつ、世に受け入れられる広告やCMを作ることのプロフェッショナルと言える、責任の重い職業です。


最初からクリエイティブディレクターになれることはほとんどなく、まずはCMプランナーやデザイナー、コピーライターなどの経験を積んで、なることが多いです。


特に必要な資格はないが、広告業にまつわる者として、グラフィックデザインなどについて、専門学校や大学、短大で専門的に学んでおくことは必要です。


最高責任者として、チームをまとめ上げるための統率力があるもの、責任感が強い方に向いている職業です。


また、さまざまな人と接する職場でもあるので、コミュニケーション能力やヒアリング能力、対人スキルなどが高いことが必要です。

もちろん、美的センスも大切。想像力豊かで、クリエイティブな発想ができる方が優遇される職場です。

実際に自分が手掛けた広告やCMがメディアに出て、世の中に浸透するところが見られることが、一番のこの職業の魅力といえます。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:クリエイティブディレクター

クリエイティブディレクターになるためには、広告プランナー、グラフィックデザイナー、コピーライターのいずれかにまずは就いて、専門的スキルを学ぶことが必要です。

年収イメージ : 年収イメージ300万~400万円

6~10年目:クリエイティブディレクター

クリエイティブディレクターとして、働き始めます。統率力が問われます。

年収イメージ : 年収イメージ400万~600万円

11年目以降:クリエイティブディレクター(チーフ)

リーダーとしてチームをまとめ上げる。この際、新人やアシスタントの指導や研修も必要となるため、指導力も問われます。実績次第で高収入ものぞめます。

年収イメージ : 年収イメージ600万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加