[ウエディング]ドレススタイリスト

職業詳細

ブライダルスタイリスト

新郎新婦の結婚式の衣装をコーディネートする者。
何十何百という衣装の中から、新郎新婦に一番似合うと思う衣装を選び、提供するほか、新郎新婦の要望を聞きアドバイスすることも求められます。

全くの未経験のままドレススタイリストとなるのは難しく、多くがアパレル関連の会社から転職してきます。
現在かなりの人気の職業です。


結婚式で使用する衣装に関する知識は必要なため、専門的に勉強する必要があります。
特に資格は必要はないですが、その分ドレスや和装など、さまざまな衣装に精通してることが求められます。小物などをうまくコーディネートすることもできることも必要です。
 

新郎新婦も自分たちの結婚式の衣装なので、なにかしら「こうしたい」という要望をもってやってくるので、その要望をきちんと聞くことが必要です。
その内容が漠然としていたり、あるいはかなり具体的だったりもするので、高いヒアリング能力が求められます。
 

また、新郎新婦はもちろん、さまざまな人と接することが多い仕事なので、コミュニケーション能力は必須です。

結婚式という晴れの舞台で、輝く新郎新婦のお手伝いができることがやりがいともいえます。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:ドレススタイリスト

実際にドレススタイリストとして働き始めます。ここでは日々移り変わる流行のドレスや和装についての知識も必要です。またコーディネート能力も試されるため、勉強は欠かせません。

年収イメージ : 年収イメージ300万~400万円

6~10年目:ドレススタイリスト(チーフ)

チーフまで来ると、有名人の結婚式や大きな結婚式に携わることができる。また、アルバイトやアシスタントの指導や研修にも参加することが求められる。

年収イメージ : 年収イメージ400万~600万円

11年目以降:ドレススタイリスト(マネージャーまたはフリーランス)

マネージャーとして総指揮をとったり、責任が問われる役目を負うことになります。またはフリーランスとして、専属スタイリストになることもできます。

年収イメージ : 年収イメージ600万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加