[ウエディング]ブライダルアテンダー

職業詳細

ブライダルアテンダー

結婚式当日の際、新婦に付き添い身の回りのお世話をする者。
いわゆる介添え人とも言われます。結婚式には欠かせない、新婦にとっても大切な役割を果たす職業です。

実際に新婦にとって本当に頼りとなる職業です。
慣れないウエディングドレスに戸惑う新婦をサポートしたり、緊張でこわばる新婦をそっと支えて励ますなど、ホスピタリティーが問われるものです。


特に資格や検定などは必要ないが、ブライダルファッションプランナー認定試験や、アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定資格、サービス接遇検定などをとっておくと就職の際に優遇されることが多いです。

最初からブライダルアテンダーになるのではなく、まずはウエディングプランナーとして経験を積んでからこの職に就く方も多いです。
したがって、年配の方が多い職場でもあります。

豊富な知識と経験が必要なので、経験者が優遇されやすいです。
結婚式に興味があり、几帳面で細かい心遣いができる方に向いている職業です。。

結婚式という晴れの舞台で、自身が新婦の心の支えとなり、喜ぶ姿が間近で見ることができるのが、この仕事の魅力の一つです。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:ブライダルアテンダー

ブライダルアテンダーとしてまずは経験を積みながら働くことになります。ここできちんと経験を積みスキルアップをすることが必要となります。

年収イメージ : 年収イメージ300万~350万円

6~10年目:ブライダルアテンダー(チーフ)

チーフとして、新人やアシスタント、アルバイトの指導や研修にも参加することになることが多いです。もちろん自身も業務に携わります。

年収イメージ : 年収イメージ350万~500万円

11年目以降:ブライダルアテンダー(マネージャー)

マネージャーとして責任ある立場を任されます。ここでは指導力や統率力が求められます。

年収イメージ : 年収イメージ500万~600万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加