ヘアスタイリスト(美容師)

職業詳細

美容師

映画や舞台、メディアに露出する者だけでなく、さまざまな人のヘアスタイリングを担当する者。
一般的に美容師のことを指します。

カットやパーマ、カラーリングなど、高い髪の毛に関する技術が必要とされます。国家試験の美容師資格が必要であるので専門学校に行くことが求められます。
 

最初はジュニアスタイリスト、見習いとして実績を上げることが必須。
それを経験して、初めて指名を頂き、客の要望に合った髪形を提供することができます。

客が自分のスタイリングした髪形を、喜んでいるところが見えたり、足しげく通ってもらえることに達成感を得られます。
 

スタイリングするので、手先が器用な方や、几帳面な方に向いているといえます。
また、客などと接する機会が多い職業なので、接客スキルやコミュニケーション能力も必要となります。

どんな人とでも、うまくやれる自信がある方にも向いています。スタイリストという職柄、日頃からファッションに気を配り、流行にも敏感でいることも大切です。
華やかな職業に見えるが、実はハードな仕事なので、体力に自信があればなお良いです。


実績を挙げれば、自分の店を持つことも可能になります。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:ヘアスタイリスト

実際にスタイリストとして、業務に励みます。ここでもたゆまぬ練習や勉強は必須です。給与に関しては、売り上げに関する歩合給がもらえます。

年収イメージ : 年収イメージ200万~400万円

6~10年目:ヘアスタイリスト(トップスタイリスト)

スタイリストから、実績を積み、技術面などに高評価をもらえると、トップスタイリストになれます。ここでは求められる基準が高くなるので、責任も重くなるが、やりがいも増えます。

年収イメージ : 年収イメージ400万~700万円

11年目以降:ヘアスタイリスト(独立または店長)

ある程度実績を積み、経営者として任せられると、年収も一気に増えます。資金がたまっていれば、ここで独立して自分の店を持つことも可能です。責任も増えますが、なんといっても経営を任されるので、その勉強も大事です。

年収イメージ : 年収イメージ800万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加