特殊メイクアップ アーティスト

職業詳細

特種メイクアップアーティスト

メイクアーティストの分野の一つで、特殊メイクをほどこすことを専門とする者。
現在は需要が多く、映画、テレビ、舞台など、様々なメディアにおいて活躍しています。
今では、日本人アーティストで、ハリウッドで働く者もいます。


特殊メイクアーティストだからと言って、特殊メイクばかりを仕事としている方は少なく、一般的なメイクアーティストとしても活躍している方が多いです。

メイクアーティストの中でも、特に高い技術が必要となってくるので、まずはメイクアーティストとして働いてから転職する方も多いです。


必要なのは一般的なメイクアップスキルだけでなく、専門的な施術スキルも必要となります。特殊メイクには化粧品も一般的なものと異なるものを使うため、それらの知識も必要となります。
独創性に長けている方や、想像力が豊かな方に向いている職業です。
 

現在はハリウッドだけでなく、日本の映画界などでも特殊メイクを施すものが多いですが、将来そのような華やかな舞台で自分の腕を試したい方にはおすすめです。

メイクアップに興味がある方は特に、何時間もかけて、自分が特殊メイクを施すことにやりがいを感じられます。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:特殊メイクアーティスト

アシスタント時期が終わり、実際に企業勤めでメイクアップアーティストとして働き始めます。この時は、メイクアップの腕を磨き、特殊メイクになれることが大事です。

年収イメージ : 年収イメージ200万~300万円

6~8年目:特殊メイクアーティスト(チーフ)

特殊メイクアーティストとしての実績を買われ、責任ある立場として、アシスタントや新人の指導を担当することもあります。

年収イメージ : 年収イメージ300万~500万円

11年目以降:特殊メイクアーティスト(フリーランス)

今までのスキルや技術を生かし、フリーランスへの道も開かれます。この際、人気が出ると数千万の年収をとることも可能になるため、日頃の実績が大切です。

年収イメージ : 年収イメージ600万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加