【Asia Fashion Collection情報!】
まもなく二次審査!
オリジナル生地を使ったアイテム制作でブランドの世界観を表現

ファッション学部 最新情報・ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.08.28東京

Asia Fashion Collection(アジアファッションコレクション)の二次審査まで残りわずかとなりました。

二次審査に出場する学生や卒業生は審査に向けて制作・準備の大詰めです。

今回の審査では、ショーに出展する予定の体数分のトワルを作っているのですが、
生地での制作も5アイテムまで可能、という条件ですので ショーに出す予定の実物も展示されます。

生地にこだわっている学生も多いです。
オリジナルテキスタイルやワッペンを作ったり、アイテムを工場に出して、綺麗に仕上げている学生も目立ちます。
2m×1.5mのブースで自ブランドの世界観の演出をするので 展示方法なども拘るブランドが多いです。

IMG_7237.JPG
※こちらは「Hard Romanticher」のオリジナル生地で作られたブルゾン

IMG_7295.jpg_
※「KENICHI.」の刺繍&ワッペン

IMG_7382.JPG
※「epi a la mode」のオリジナルテキスタイル

IMG_7406.JPG
※「NANA TAKEUCHI」の自分で染めた花モチーフが施されたワンピース

審査は8月29日。
18ブランドから7ブランドまで絞りこまれます。
最終審査に進むブランドはいったいどこでしょうか!?

審査結果もこちらで発表しますので お楽しみに。

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加