【授業レポート!】
オリジナルデザインのアイテムを制作中!
中間チェック「トワル審査」を実施

ファッション学部 最新情報・ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.07.25東京

ファッションデザイン学科2年生はトワル審査を行いました。


現在学生たちはオリジナルデザインのアイテムを2体分制作中。

今回は、その中間チェックです。

IMG_6462のコピー.jpg

トワルとは、洋服の仮縫い状態のもの。
シーチングなどの生地を使って作っています。


デザイン画通りのシルエットに仕上がっているか、出したいかたちが出ているか?を先生に確認してもらいます。

IMG_6433のコピー.jpg

思い通りのシルエットが出ない。

本当はここはもっとこういうラインにしたい。

 

等々、作ったトワルに対し、学生自身も課題がたくさんあるようです。
それに対して、講師がアドバイス・修正をしてくれます。


いろいろと課題点が見つかり、 夏休み中にパターンを修正をし、トワルのクオリティアップを目指します。


何度も何度も組みなおし、理想のかたちを作っていきます。
パターン作業、トワル組みは根気の必要な作業です。

第2タームのプレゼンテーションは9月下旬。
出来上がる作品を期待していますね!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加