【授業レポート!】
ニットで作るオリジナルパーツ
~タッセルやお花作りにチャレンジ~

ファッション学部 最新情報・ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.06.06東京

ファッションデザイン学科のニットの授業では どんどんいろんなものが生み出されています。

現在勉強中のかぎ編みで お花を作ったり、チェック柄の生地を作りました。


unnamed (3).jpg


unnamed (1).jpg


unnamed.jpg


unnamed (7).jpg

そして今日は、「タッセル作り」を学びました。
最近洋服やピアスにも取り入れられているタッセルですが、作り方は意外と簡単。
まずは台紙を用意し、 それに糸を巻きつけます。


unnamed (5).jpg


この巻く回数でタッセルのボリュームを調整できます。

巻きつけた後は、台紙から糸を外し、とめるだけ。


unnamed (6).jpg

完成!!


unnamed (4).jpg

洋服のデザインにもプラスしたり、小物作りにも取り入れられそうですね。
みんなすごく楽しみながら授業を受けています!

次回からは棒編みと編み機を使っての実習を行いますので、またレポートします。

お楽しみに☆

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加