5/30(火) | 映画監督と考える映画の現場とは?W公開記念イベント!映画『ダブルミンツ』『獣道』内田英治監督をお迎えした映画・映像分野公開授業!

5/30(火) | 映画監督と考える映画の現場とは?W公開記念イベント!映画『ダブルミンツ』『獣道』内田英治監督をお迎えした映画・映像分野公開授業!

東京

「映画が好き!」という10代、20代こそ、映画業界の「今」と「これから」について知って欲しい。
注目を浴びる映画監督と経験豊富な映画活動家をお迎えした公開授業を開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料

ファッション学部ヘアメイク学部映画・映像学部

高校3年生高校1・2年生大学生・社会人

イベント申込み

日時 5月30日(火) 19:00-20:30
場所 バンタンデザイン研究所 東京校 セッションタワー
料金 無料
定員 20名
持ち物 特になし

ボーイズラブ漫画「同級生」などで知られる中村明日美子原作のコミックを実写映画化! 6/3(土)より全国公開が始まる話題の映画『ダブルミンツ』、7月15日からの公開映画『獣道』の監督である内田英治さんをお迎えします!

 

各方面で絶賛される中、監督の「内田英治」さんと、放送作家/映画活動家の「松崎 まこと」さんをお迎えしたスペシャルな公開講座を開催!

 

 

 


 

ダブルミンツ 映画.jpg

(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子

 

640.jpg

(C)third window films

 

6/3(土)より公開の映画『ダブルミンツ』、7月公開の映画『獣道』の裏話と共に、本映画の魅力、映画監督がどのような意識で現場に立っているのかを探るスペシャルな公開授業を開催します。

・映画『ダブルミンツ』、『獣道』に関しての見所
・映画監督の仕事について
・映画監督になる方法
・映画や映像分野に仕事として関わるために必要なこと
 
など、貴重なお話も聞くことができるチャンスです。
 
映画や映像業界のお仕事に興味がある方や、映画好きな高校生は是非参加してみてください。
将来のお仕事を考える、とっても素敵なきっかけになるはず!
 
日時:5月30日(火曜) 19:00-20:30
場所:バンタンデザイン研究所 東京校 セッションタワー
料金:無料
定員:20名
持ち物:無し

【作品情報】
2017年初夏からシネ・リーブル池袋ほか全国で公開
監督・脚本:内田英治
原作:中村明日美子『ダブルミンツ』(茜新社)
出演:
淵上泰史
田中俊介
須賀健太
川籠石駿平
冨手麻妙
高橋和也
小木茂光
上映時間:100分
配給:アーク・フィルムズ、スターキャット

©2017「ダブルミンツ」製作委員会 ©中村明日美子/茜新社

 

 

【ストーリー】
ボーイズラブ漫画「同級生」などで知られる中村明日美子原作のコミックを実写映画化。ある日、壱河光夫のもとに一本の電話がかかってきた。「女を殺した」という高飛車な声の主は、同じ「イチカワミツオ」の名前を持つ高校時代の同級生市川光央だった。高校時代、光夫は冷酷で高飛車な光央の下僕となっていた。数年ぶりの再会に、光夫は逆らうことなく光央の共犯者となるが、2人の関係はかつての主従関係ではない、新しい形の関係へと姿を変えていく。壱河光夫役に今作が初主演作となる淵上泰史、市川光央役に「BOYS AND MEN」の田中俊介。監督は「下衆の愛」の内田英治。

 

 

▼講師:内田 英治(映画監督)

unnamed.jpg

 

内田英治(映画監督)

リオデジャネイロで生まれ、父親の仕事の関係でブラジル国内で引っ越しを繰り返す。10歳のときに日本に帰国し、大分県で少年期を過ごす。
『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』のアシスタント・ディレクターとして、「ダンス甲子園」などを約1年間担当。その後海外放浪生活を経て、『週刊プレイボーイ』のライターとなる
1999年、テレビドラマ『教習所物語』で脚本家デビュー。2004年に『ガチャポン!』で映画監督デビュー。2005年でテレビドラマ『劇団演技者。』の「ロンリー・マイルーム」で初演出を手掛ける。『グレイトフルデッド』(2014年11月新宿ミラノ座にて公開)で海外映画祭初出品。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013、ファンタスティックフェスト(テキサス州US)、レインダンス映画祭(ロンドンUK)、2015年には世界3大ファンタ映画祭のブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭(ベルギー)など多くの国際映画祭で上映されてイギリスのレーベル、サード・ウィンドウ・フィルムズで配給もされた。次作『下衆の愛』(2016年4月公開)はテアトル新宿にてスマッシュヒットを記録。本作は東京国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭(オランダ)をはじめ、30以上の海外主要映画祭にて上映。イギリスではDVD販売、ドイツでは10館規模で公開された。海外映画祭サイトTaste of Cinema2016では日本映画祭部門の5位にランクイン。次作『獣道』は2017 年7月15日から公開予定。

 

講師:松崎 まこと(映画活動家/放送作家

 

松崎まことさんaa.jpg

 

映画活動家/放送作家
1964年生まれ、出身地は東京の本郷。早稲田大学第一文学部卒業後、レンタルビデオ店長、塾講師を経て、“放送作家”に。TBSラジオ「荒川強啓/デイキャッチ!」「伊集院光/日曜日の秘密基地」、TOKYO-MX「博士の異常な鼎談」「松嶋×町山/未公開映画を観るTV」、WOWOW動画「町山智浩の映画塾」などを担当。近年は“映画活動家”としても、幅広く活動。「水道橋博士のメルマ旬報」に『映画活動家日誌~“田辺系”先物買いガイド』を連載。FM栃木「FRIDAY MOVIE SHOW」などラジオやTVの番組、様々な映画イベントなどに出演。楽天カードHPで配信中の、若手監督4人を起用した短編動画プロデュース等々を手掛けている。インディーズ映画の登龍門「田辺・弁慶映画祭」には、2007年の「第1回」から参加。“映研審査員”などを経て、2014年の「第8回」からは、コンペティション部門ティーチインのMCを務めている。映画評論家松﨑健夫とのユニット“松崎ブラザーズ”では、人呼んで“松崎A”。

イベント申込み

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

このエントリーをはてなブックマークに追加